ロスミンローヤル エストロゲン

ロスミンローヤルのエストロゲンへの働きは?更年期障害への効果

 

 

『ロスミンローヤル』は、シミやシワが解消されるという美容薬ですが、
皮膚薬のように塗布するものではありません。ロスミンローヤルは飲み薬で、
内部から代謝を促進し、その軌道に乗って、肌を生まれ変わらせようというものです。

 

 

そのため、血行促進や水分調整と言った身体のメカニズムを司る
機能を向上させる生薬に、多くのビタミンを含有しており、冷えやむくみの
改善、疲労回復など、多種多様の相乗効果を持つ医薬品なのです。

 

 

そして、そんなロスミンローヤルの相乗効果の一つに、
更年期障害のつらさを和らげる作用があると言われています。

 

 

実際、シミやシワと本気に向き合うお年頃は、ちょうど更年期障害との戦いも
本格化するお年頃。もしこれが本当なら、益々ロスミンローヤルの価値は増しそうです。

 

 

エストロゲンって一体何?

 

 

更年期障害は、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が急激に減少する事によって発症する
様々な身体の不定愁訴の総称であると言っていいでしょう。そのため、症状は正しく人それぞれ。

 

 

ほてりやめまい、冷えやむくみと言ったオーソドックスなものでも、顕著に表れる人もいれば、
全く現れない人もいます。また、それ以外にも、動悸や息切れ、肩こり・腰痛・関節痛、
しびれ・痒み、時に吐き気や下痢を発症したり、頭痛や歯痛に苦しめられる人も少なくありません。

 

 

このように、実に多岐にわたる症状が出る更年期障害ですが、
原因はほぼ100%、「エストロゲン」という女性ホルモンの減少です。

 

 

エストロゲンは、正式には「卵胞ホルモン」と呼ばれ、生理周期の鍵をにぎるホルモン。
これが多量に分泌される事により、子宮内幕が形成され、妊娠の準備が整えられます。

 

 

 

 

しかし、エストロゲンは、単に子孫繁栄のために分泌されるものではありません。
それどころか、エストロゲンは、女性の心身を構築するエネルギー源のようなもので、
美しい美肌も、元気な肉体も、明晰な頭脳も、全てはエストロゲンによって支えられているのです。

 

 

という事で、エストロゲンが不足すれば支障が出るのは当たり前なのですが、
困った事に、私たち人間のエストロゲンは消耗ほんで、加齢と共に着実に減少します。

 

 

小学校に入学する頃から分泌が始まり、そのピークはアラサーからアラフォーまで。お陰で30代は
女盛りで、心身共に元気いっぱいです。恐らく、更年期障害なんて、想像も出来ない事でしょう。

 

 

ところが、40代に突入するとエストロゲンの分泌量は下降に突入し、その後は
年を重ねるごとに減る一方です。それと同時に、段々更年期障害らしき症状が
現れます。そして、シミやシワも目立ち始め、本格的な対処を考える時期に入るのです。

 

 

ロスミンローヤルが更年期障害に良いと口コミされる理由

 

 

よく、お肌の曲がり角は25歳と言われますが、これはコラーゲンやヒアルロン酸、
エラスチンと言った肌のハリや潤いを担う成分が徐々に減少し始める年代だからに他なりません。

 

 

ただし、それと引き換えのように女性ホルモンのエストロゲンは分泌ピークを迎えます。
そのお陰でアラサー時代は、さほど肌老化を実感する事なく過ごせるのです。

 

 

しかし、40代に入り、エストロゲンの分泌が衰えると、そのサポートが出来なく
なるため、一気に肌は弱ります。もはや意識的にハリや潤いを与える成分を補充
するしかなく、その点でも『ロスミンローヤル』の服用は効果的だと言えるでしょう。

 

 

さらに、漢方薬のような性質を持つロスミンローヤルは、女性の更年期障害に特化した
人気を集める市販薬とおなじような生薬が多数含有されていて、ビタミンやカルシウムも豊富です。

 

 

 

 

特に「当帰(トウキ)」と「芍薬(シャクヤク)」は、血の巡りをよくする作用が強く、
中国4000年の歴史の中でも、ずっと女性の守り薬としての位置付けを維持し続けています。

 

 

それに、冷えを防ぐ「半夏(ハンゲ)」や「川きゅう(センキュウ)」、そして、
高い需要競争効果を持つ「人参(ニンジン)」や「ローヤルゼリー」を配合した
ロスミンローヤルは、もはや美容薬の域を完全に超えた栄養剤であると言えるのです。

 

 

そうなると、更年期障害の主たる症状である倦怠感が緩和される確率は高いものと思われます。
また、水分調整を促すブクリョウやタクシャ・ソウジュツと言った生薬の働きにより、体内の
水分代謝が促され、冷えやむくみに苦しめられずに更年期を乗り切る事も出来そうです。

 

 

実際、ロスミンローヤルとともに50代を迎えた人の中には、更年期障害の
症状が軽く済んだ、あるいは、改善されたという人が多数いて、彼女たちの
口コミから、ロスミンローヤルは更年期障害にも効くという定説は生まれました。

 

 

ですが、これは内容成分からも十分予測が付くところで、決してたまたまというものではありません。

 

 

ただし更年期障害への効果が認められている訳ではありません

 

 

『ロスミンローヤル』は医師の処方する薬ではありませんから、必ずあなたも
ロスミンローヤルで辛い更年期障害から脱出出来るという保証はありません。

 

 

また、ホルモン剤ではないので、飲んでたちまち元気がみなぎって来る
というポパイのほうれん草のようなものでもありません。その効果の出方は
個人差が大きく、中には、何の役にも立たないという方もおられるでしょう。

 

 

ですが、病は気からと言われるように、ロスミンローヤルを飲んで、
少しでも体調が良くなり、肌が綺麗になれば、不思議と元気は湧いて来ます。

 

 

女性というのは元々そういう生き物で、その流出した元気がエストロゲンの分泌を
促すのです。すると、益々心身は好調に向かって行くという事で、この流れを作れれば大成功。

 

 

その第一歩は、たった1,980円から踏み出せるのです。更年期障害でくよくよ
悩んだり、落ち込んでおられる方は是非、トライしてみられてはいかがでしょうか。

 

 

>>ロスミンローヤルを購入する前に必ず知っておくべき口コミとは?

 

 

関連ページ

中年シワ対策に効果が認められた医薬品とは?
人間、加齢に応じてシワが刻まれていくのは当然の事で、仕方が無い事です。しかし、いつまでも若々しくいたいのも事実。中年のしわ対策に有効な医薬品をご紹介しています。
シミ・シワの原因!紫外線による光老化とは?対策で回復は可能?
シミやシワで老けて見えるのは年齢のせいだと諦めている方も多いですが、実は紫外線による光老化が主にその原因です。
出産後の肌トラブル!肌荒れやニキビの原因と予防・改善方法は?
出産後に肌荒れや吹き出物など、多くの肌トラブルに見舞われる方は多くいらっしゃいます。こういった場合の対策として、どういった事が挙げられるのでしょうか。
おでこのしわの原因は?改善や予防・解消に良い対策や薬はある?
見た目年齢を大きく損ねるおでこのしわは、大きなマイナスポイントですよね?そこで、その原因を解明し予防・対策を考えましょう。
冷え性の原因や症状と解消・改善方法の対策は?漢方や生薬で治せる?
特に加齢によって感じやすくなる辛い足の冷え性。原因や改善方法を知ってしっかりと対策を行えば、冷え性は改善できる症状です。
まだメイク?ほうれい線の予防や消すのに薬が良い理由
ほうれい線をメイクで隠すという方法は、問題を先延ばしにしているに過ぎません。本格的に、ほうれい線を直しませんか?
背中のシミにロスミンローヤルは効果ある?
背中というのは自分では確認しずらい部分ですから、ある日ふと気づいて背中の汚さに愕然とした、という方も多いでしょう。そんなシミにロスミンローヤルは有効なのでしょうか。
腰痛の原因と対策 改善方法や有効な成分を教えて!
腰痛は場合によっては仕事や生活に支障をきたすほどつらいですよね。その原因や改善する為に必要な事を解説しています。
首のしわ取りは原因を知って正しい対策を
首のしわでお悩みの方はその対策として何が最適なのかお悩みになられている事かと思います。そうした首のしわ取りの解決方法について解説しています。
肩こりの原因と対策方法や有効な成分は?医薬品で改善出来る?
肩こりは加齢によって起こりやすくなる症状の一つですが、原因を知って但し対策と改善を行いたい所です。
ロスミンローヤルはお酒(アルコール)に効く?二日酔いへの効果
ロスミンローヤルの口コミを見ていると、二日酔いに効果があるといったものを見受ける事がありますが、実際にお酒を飲む方にメリットがあるのでしょうか。調べてみる事にしました。