コンシダーマル シミ消えた

コンシダーマルでシミ消えたって本当?シミへの作用について

スポンサーリンク

 

 

リニューアル後の『コンシダーマルスキンライズローション』の
口コミを見ていると、「シミ消えた」というものを見かけます。

 

 

「シミ消えた」なんて口コミを目にしてしまうと、あたかも
コンシダーマルが、どこかの然るべき機関に、シミに効果が
認められている商品なのでは無いかと感じてしまいますよね?

 

 

しかし、私もコンシダーマル愛用者の1人ですが、パッケージにも
添付してある紙などにも、効果効能に、シミ対策は明記されていません。
となると、これはコンシダーマルに対する過剰評価なのでしょうか?

 

 

きになりましたので、「コンシダーマル シミ消えた」の
真相について調査を行い、真実を明らかにする事が出来ました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「シミ消えた」は化粧品の効果効能外なのであり得ません

 

 

コンシダーマルが出しているのはスキンローションという事で、美容液や
パックの機能も兼ね備えてはいるものの、あくまでも基礎化粧品です。
そのため、シミを消すと言った薬のような作用は、元々持ち合わせていなくて当然なのです。

 

 

そういった意味では「コンシダーマル シミ消えた」が、コンシダーマルを使っただけで
シミが薄くなったり消える事があるのか?という意味で言えば、そんな事は無いでしょう。

 

 

ただし、化粧品とは言え、ファンデーションや化粧下地、あるいは日焼け止め
クリームのように、紫外線をカットする機能を持っているものは多々あります。

 

 

となると、日焼けが防げれば、メラニン色素の生成も抑えられますから、
「シミ消えた」という事は有り得なくても、「シミを予防」する事は出来る訳です。
現に、本当に高いUVカット機能を持つものについては、例え化粧品の分際であっても、
「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」といった旨を明記する事が薬機法(旧薬事法)で認められています。

 

 

とは言え、あくまでも「シミ・ソバカスの要因となる日焼けを防ぐ」というレベルまで。
シミが出来なくなるとか、使い始めたら「シミ消えた」という事は謳えません。

 

 

それが、医薬部外品に分類される『薬用化粧品』になると、承認された効果効能は明示する事が許されます。
そして、「メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」というところまで書く事が出来るようになる訳です。
では「日焼けによるシミそばかすを防ぐ」と「メラニンの生成を抑えシミ・ソバカスを防ぐ」はどう違うのでしょう? 

 

 

前者:日焼けは防げるがそれによってシミも防げるかと言われればその限りでは無い
後者:万一日焼けしてしまっても、メラニンの生成を抑えられるため、シミになるのを防げる

 

 

という事になります。ご覧頂ければ分かる事ですが、いずれもあくまで「シミを防ぐ」
という事であり、すでに出来てしまったシミを消す事は出来ないという事なのです。

 

 

しかし、コンシダーマルを使用し、一定期間がたつと、健康な肌が形成されます。
すると、抵抗力や自然治癒力が高まりますから、シミが予防出来る事も事実です。

 

 

シミのメカニズムと予防対策について

 

 

シミの犯人が「メラニン色素」であるという事は、今やよく知られた話です。そして、紫外線がこの
メラニン色素を作るという事も有名で、日焼けとメラニン、この2つは肌の大敵のように言われています。

 

 

けれど、これはいささか誤解。間違いなく紫外線は、皮膚がんなどの
要因となる大敵ですが、決してメラニン色素を作る原料ではありません。
さらにメラニン色素は、敵どころか、私たちの肌を守る大事な大事な味方なのです。

 

 

確かに紫外線は、強くなると肌表面でとどまらず、細胞内の核まで入り込みます。すると、そこに格納している
DNAに大きなダメージを与え、細胞破壊に繋がるため、様々な肌トラブルや疾患を発症する事になるでしょう。

 

 

そこで、その紫外線を防御すべく、送り込まれるのがメラニン軍です。皮膚の一番奥にある
基底層のメラノサイトが生成し、それを表皮の細胞に被せる事でバリアを形成します。このバリアが
メラニン色素で、これによって紫外線の侵入を防ぐという作戦に打って出る訳です。

 

 

 

 

という事で、私たちの体は、生まれながらにして防御反応を兼ね備えていますから、強い紫外線が
攻撃して来ると、即座にメラニンを大量生産します。そうして、色素のバリアを張って肌を守るのです。

 

 

そのため、日光に当たると、メラニンの生成が活発になるのは自然の原理。ただし、必要に応じて
作られたメラニンは、肌のターンオーバーにより剥がれ落ち、蓄積される事はありません。

 

 

ところが、肌のターンオーバーが正常に行われなければ、いつまでも古いメラニンが残り、
新しく作られる新鮮なメラニンの足を引っ張ります。所謂「色素沈着」です。

 

 

すると、紫外線は容易に侵入出来るようになり、司令塔となる細胞を破壊するため、
とにかく体を守るためと称し、必死でメラニンを生成し続ける事にもなりかねません。もし、
こういう自体に陥れば、もはや肌のターンオーバーで全てのメラニン色素を処理しきれなくなるでしょう。

 

 

しかも、加齢やストレスにより、肌のターンオーバーさえままならない状況にあれば、表皮は古い
メラニンの宝庫になります。これこそがシミで、単に日焼けを防止すれば消せるというものではないのです。

 

 

シミに対してコンシダーマルで期待出来る事

 

 

シミを消すには、とにかく皮膚の新陳代謝を活発にし、どんどんターンオーバーを繰り返すよりありません。
そして、常に必要に応じて必要量のメラニン色素バリアを形成する事により、紫外線の侵入を防ぐとともに、
メラニンの過剰生成も回避出来ます。「シミ消えた」という事は起こりませんが、シミを予防出来るという訳です。

 

 

例えばコンシダーマルの場合、EGFを筆頭に、プラセンタやセラミド、ミネラルなど、肌細胞の生成を
活発にする成分が多数含まれています。そのお陰で、常に新鮮な良質な肌に包まれるようになるでしょう。

 

 

つまり、肌のターンオーバーが正常に繰り返されるという事で、表皮に付帯する
メラニン色素も都度剥がれ落ちるという流れです。勿論、いきなり「シミ消えた」
なんて事は考えにくいものの、少しずつ既存のメラニンは落ちて行きます。

 

 

こうして、古い色素の残骸が除去され、元気なメラニンだけで作られるようになったバリアは、
必要に応じてしっかりと紫外線をシャットアウトするため、司令塔への攻撃も防御出来ます。

 

 

それにより、メラニンの過剰な生成も抑えられるという事で、「シミ消えた」
という事は有り得なくとも、美白に貢献する事については間違いないと言えますね。

 

 

そんなコンシダーマルは、公式サイト限定のプレミアムコースによって、初回54%OFFの
全額返金保証付きで始められますから、まずはその効果を実感される事をお勧めしますよ(^ ^)

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

コンシダーマルの口コミ・評判 | スキンライズローションの効果
2017年、コンシダーマルは生まれ変わりました。その口コミは、オールインワンで自分に合った物を探しているあなたなら気になる所でしょう。果たしてその効果とは?実際の愛用者が解説しています。
コンシダーマルはアマゾンで購入する事ができるの? 調べました
コンシダーマルのお求めを検討されていらっしゃる方に限ったお話ではありませんが、同じ物なら安く買いたいというのが人の常と言えますよね。そんな中で気になるのがアマゾン。果たしてアマゾンではコンシダーマルはいくらで販売されているのでしょうか。
コンシダーマルの解約方法について解説〜解約苦情って何?
コンシダーマルを使ってみたいと、しかも出来るだけ安くと考えると、定期購入でお試しされる事になります。ですから、万が一の解約方法について把握しておきたいですよね?その方法について解説します。
コンシダーマルの毛穴トラブルに対する口コミや効果は?
コンシダーマルを使用する事で、毛穴にトラブルが起こるとしたら、使用を検討していたとしてもすぐに取り止めたい気持ちになるでしょう。そこで、毛穴に対して悪影響をもたらす可能性があるのか解説します。
コンシダーマルは他のオールインワン化粧品と何が違うの?解説します
コンシダーマルと言えば、オールインワン化粧品であるという点が一つの魅力として挙げられます。しかし、オールインワン自体はコンシダーマルだけではありませんよね。果たして他のオールインワンとどの様に異なるのでしょうか。
コンシダーマル 被害って何?効果なしの可能性もあるの?
コンシダーマルの口コミについてチェックしていて『コンシダーマル 被害』といったものを見て気になられている方もいらっしゃるかと思います。私も同じ様に不思議に感じましたので、その真相を調べてみる事にしました。
コンシダーマルは新しくなってお試しセットが出来たの?
コンシダーマルをしっかりと使う前に、一度お試しが出来たら良いなぁ。なんて考える方もいらっしゃると思います。そこで、コンシダーマルにはそもそもお試しが用意されているのか解説を行っています。