美肌を目指す為の食事とは

美肌を目指すためには食べ物から!どんな食事が良いのか解説します

人の体は水分が殆どを占めています。
そのため「水」は、体にとっても肌にとっても重要とされています。
現代人は、1日の必要とされている目安量に達していない人が大勢いて、水分摂取量が少ないのが現状です。
美白になる方法の1つとして、意識して水分を補給することがあります。
体にたまった老廃物が水分をたっぷりと摂ることで排泄の促進作用をもたらしてくれて、肌の調子も改善されます。
大人は1日の水分摂取量は2Lが望ましいとされています。
水は積極的に意識して摂ることが大事です。

 

また美白になる方法として、食べ物についても色白になれる成分が含まれているものを意識しながら摂り入れることも効果を期待できます
その成分とは「ビタミンE」、「ビタミンC」です。

 

ビタミンEには、抗酸化作用や新陳代謝の促進効果があります。
主に、アーモンドを始めとしたナッツ類、抹茶、魚介類などに多く入っています。
効果的にビタミンを摂る方法として、オリーブオイルはビタミンEが多く含まれているため、オリーブピルを使った野菜炒めなどをする方法があります。

 

ビタミンC→肌のシミやくすみの原因となるメラニン色素を抑制して分解してくれる力を持っています。
特に野菜や生の果物に入っています。
熱に弱いのがビタミンCの短所なので、食べるときは生の状態がベストとされています。
1日の健康のために必要とされている摂取量は100mgですが、美白になるためには300mg〜500mgほどが良いでしょう。
優秀な食材は、「イチゴ」です。
1日に5粒イチゴを食べるだけで、1日の必要とされる摂取量が取れるようです。
ですが、イチゴのヘタのところを取ってから水洗いしてしまうと、ビタミンCが逃げてしまうので気をつけましょう。

 

美白になる食材は、他にもあり、トマトがその例です。
おすすめの理由として、肌が白くなる効果がある成分のリコピンが入っているので、ビタミンCが豊富なことも加えて良いとされています。
リコピンは直射日光が皮下細胞に届と、肌を守ってくれる効果があります。

関連ページ

白い肌になり美白を手に入れる為にはどうしたらいい?
美白を手に入れる為の最も基本的な事、一般的な事について解説しています。
肌を白くする対策方法にはどの様なものがあるの?
少し踏み込んで、具体的に肌を白くするためにはどの様な対策があるのかという事について触れ、解説を行いました。
日焼けから肌を守る美肌対策の具体的な施策について知りたい!
お肌を憎い日焼けから守る為に、一体どの様な行為を取れば良いのか、具体的な施策について解説させて頂いています。
サプリメントを使って肌を白くする方法〜効果は期待出来る?
肌を白くする為の対策として、サプリメントを摂取するという選択肢があります。具体的にはどの様なものが定番なのでしょうか。
肌を守り美白を保つ正しい洗顔の手順について
美白を保っていく為には洗顔も非常に重要となります。ここでは、美白の為の洗顔について解説を行います。
ヨーグルトによる美白効果について解説
ヨーグルトを使用する事により得られる、美白効果についてご存知でしょうか。ここでは乳酸菌の驚きの効果について解説します。
肌の大敵であるストレスを緩和する方法〜ストレスを解消する為に
お肌には美容成分や紫外線以外にも、危険なものはあります。その一つがストレス。肌へのストレスを緩和する対策をご紹介します。
肌の保湿力を高めることの重要性〜得られる美肌
美白と保湿は切っても切れない関係にあります。果たしてその重要性はどういった点にあるのでしょうか。
ツヤ肌になれるって本当?米ぬかパックの効果とは?
ツヤ肌になれるという口コミも多い米ぬかパックですが、その効果とはどれだけ期待できるのでしょうか。解説します。
美白になるためにサングラスをかける意味って一体何?
美白とサングラスとは、一体何の関係があるの?不思議に思われる方も多いでしょう。ですが実は、サングラスを掛ける事で思わぬ美白効果があるのです。
ホルモンバランスをコントロールして味方につける
適切な睡眠などを行い、ホルモンバランスをコントロールするという事は美白においても非常に有効で重要な要素の一つです。
肌が白くなる石鹸って一体何?美白石鹸の調査を行いました
美白石鹸って一言で言うけれど、一体従来の石鹸とどの様に違うのか気になりますよね。これについて解説します。
注射をで白い肌をキープする?美白注射によるメリット
美白に注射が有効だという話を聞いた事があるかもしれません。この美白注射に関してここでは解説させて頂きます。
透明感のある肌になるための美容成分の種類について解説
透明感のある肌になる為に取り入れた方が有効な美容成分が分かっているのといないのでは、大きな差が開いてしまいます。