米ぬかパックの効果を解説

ツヤ肌になれるって本当?米ぬかパックの効果とは?

今話題になっている「米ぬかパック」をすると、美白になれるようです。
昔から現代に渡って、米ぬかパックは伝統的な美容方法ですが、また近ごろ注目を浴びています。
美白になる方法として、くすみやシミなどを解消すると多くの口コミサイトで言われています。
毛穴の黒ずみは米ぬかを使うことで根こそぎ落として、肌の乾燥を防ぐ効果もあるようです。
気軽に入手することができ、手軽に自宅で出来る方法としてもひと目置かれているのです。

 

メラニン色素が作られないようにすることで、美肌へと近づいていくのです。
このメラニンが作られるのを防ぐのに必要な、高い効果のある米ぬかには、ビタミンEが豊富にあります。
更に日光に当たることでメラニンの増加を抑止する作用の成分も含まれているのです。
肌の乾燥の大敵である水分量を、保持する効き目もあるので助かりますね。

 

作り方も実践の仕方も、米ぬかパックは手軽で簡単に出来ます。
しかし、作り置きができないということが唯一のデメリットです。
作り置きしたものを使用すると、本来の効果が発揮できない可能性があります。
お風呂に入るときに米ぬかパックをするのがベストです。

 

<材料>
米ぬか大さじ2、ぬるま湯を大さじ1杯〜2杯、小麦粉大さじ1。

 

<作り方>
米ぬかと小麦粉を混ぜ合わせて、徐々にぬるま湯を入れながら混ぜます。
ダマにならないよう注意しましょう。
液体のりほどの硬さになったら完成です。

 

<やり方>
洗顔後に、顔全体に米ぬかパックを広げて塗りましょう。
このとき毛穴を開かせることが大事です。
湯船に入りながら蒸しタオルを顔に5分ほど被せておくと、効果的です。
顔全体に均一になるように薄めに塗ることが良いでしょう。
口の周辺や目の周りなどの皮膚の弱い部分は避けてください。
10分ほどそのままの状態でいましょう。
米ぬかが少し乾燥してきたと感じたら、ぬるま湯で洗い落として終了です。

 

週に1回、2回程度やるだけでも、存分に効果が期待できます。
時間に余裕のある日があったら、ぜひ試してみてほしいです。

関連ページ

白い肌になり美白を手に入れる為にはどうしたらいい?
美白を手に入れる為の最も基本的な事、一般的な事について解説しています。
肌を白くする対策方法にはどの様なものがあるの?
少し踏み込んで、具体的に肌を白くするためにはどの様な対策があるのかという事について触れ、解説を行いました。
日焼けから肌を守る美肌対策の具体的な施策について知りたい!
お肌を憎い日焼けから守る為に、一体どの様な行為を取れば良いのか、具体的な施策について解説させて頂いています。
サプリメントを使って肌を白くする方法〜効果は期待出来る?
肌を白くする為の対策として、サプリメントを摂取するという選択肢があります。具体的にはどの様なものが定番なのでしょうか。
肌を守り美白を保つ正しい洗顔の手順について
美白を保っていく為には洗顔も非常に重要となります。ここでは、美白の為の洗顔について解説を行います。
ヨーグルトによる美白効果について解説
ヨーグルトを使用する事により得られる、美白効果についてご存知でしょうか。ここでは乳酸菌の驚きの効果について解説します。
肌の大敵であるストレスを緩和する方法〜ストレスを解消する為に
お肌には美容成分や紫外線以外にも、危険なものはあります。その一つがストレス。肌へのストレスを緩和する対策をご紹介します。
肌の保湿力を高めることの重要性〜得られる美肌
美白と保湿は切っても切れない関係にあります。果たしてその重要性はどういった点にあるのでしょうか。
美白になるためにサングラスをかける意味って一体何?
美白とサングラスとは、一体何の関係があるの?不思議に思われる方も多いでしょう。ですが実は、サングラスを掛ける事で思わぬ美白効果があるのです。
ホルモンバランスをコントロールして味方につける
適切な睡眠などを行い、ホルモンバランスをコントロールするという事は美白においても非常に有効で重要な要素の一つです。
肌が白くなる石鹸って一体何?美白石鹸の調査を行いました
美白石鹸って一言で言うけれど、一体従来の石鹸とどの様に違うのか気になりますよね。これについて解説します。
美肌を目指すためには食べ物から!どんな食事が良いのか解説します
美肌においては食事も重要となります。果たしてどの様な物を選ぶと体に良い食事を行う事が可能なのでしょうか。解説します。
注射をで白い肌をキープする?美白注射によるメリット
美白に注射が有効だという話を聞いた事があるかもしれません。この美白注射に関してここでは解説させて頂きます。
透明感のある肌になるための美容成分の種類について解説
透明感のある肌になる為に取り入れた方が有効な美容成分が分かっているのといないのでは、大きな差が開いてしまいます。