雀卵斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策を解説!

雀卵斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策を解説!

 

 

雀卵斑というと少し分かりにくいですが、実はこの
雀卵斑というのは、あなたもよくご存知のソバカスのことです。

 

 

主に頬や鼻、目のまわりに、細かく散らばるように現れます。

 

 

雀の卵の表面の模様に似ていることから、雀卵斑と呼ばれて
いるという由来なのですが、今や雀の卵の表面という表現よりも
はるかに、そばかすという症状の方が有名ですよね!

 

 

雀卵斑ことそばかすは、一体どの様な原因で
起こり、どういった予防方法があるのでしょうか?

 

 

雀卵斑(そばかす)の原因と予防方法は?

 

 

原因は、遺伝や先天性のものが強く、ほとんどの場合は幼児期から
思春期に発症し、特に色素が薄い方に出やすいと言われています。

 

 

確かに映画などを見ると、白人の方にはよくソバカスがありますよね。

 

 

このタイプの方、つまり色白の方は、光に敏感で
メラニン色素が作り出されやすい体質と言えます。

 

 

原因が遺伝なだけに、予防や改善はできないとも言われていますが、
紫外線を浴びすぎたり、UVケアを怠ったりすると濃くなってしまう場合も
あるので日頃からUV対策をしっかりと行うことが大切です。

 

 

また、睡眠不足やストレス、疲労、ビタミン不足などで活性酸素が発生すると
メラニン色素が作り出されやすくなってしまうので、そちらの予防も必要です。
特にビタミンはサプリメントや薬などで補って対策すると良いですね。

 

 

雀卵斑(そばかす)の改善方法・治療方法は何がある?

 

 

雀卵斑の改善にはレーザー治療が一般的ですが、
当然レーザーとなると治療費は高額になってしまいます。

 

 

レーザー以外でも、そばかすに効果が認められている医薬品の
使用によって、セルフケアで改善されたという例もあります。

 

 

美白化粧水や美容液を使用したり、サプリメントや医薬品を飲用
したりすると薄くなっていくこともあるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

そういった中で最もお勧めなのが、ロスミンローヤルです。

 

 

何故なら多くのシミ・そばかすに効果が認められた医薬品の中で唯一、
ロスミンローヤルだけはシワへの改善効果も合わせて認められているのです。(2017年4月現在)

 

 

もしあなたが、若年性のそばかすにお悩みで、他のシミなどについては
気になっていないなら、シミ専用の医薬品で十分だと思います。

 

 

しかしもし、ある程度の年齢に達していて、そばかす以外の
シミやシワなど、加齢による気になる症状があるのなら、迷わず
ロスミンローヤルを使用する事をお勧めします(^ ^)

 

 

>>ロスミンローヤルを購入する前に必ず知っておくべき口コミとは?


関連ページ

炎症性色素沈着ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策
シミの種類の一つである、炎症性色素沈着について、その原因や予防対策などについて説明しています。
花弁状色素斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策を教えて!
シミの種類である、花弁状色素斑の原因やその予防対策について解説しています。
肝斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策が知りたい!
肝斑というシミの名前を聞いた事があるかと思います。このシミの原因や対策を解説しています。
脂漏性角化症ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策
シミの種類の一つに脂漏性角化症というものがありますが、これは一体どの様な症状であり、改善は可能なのでしょうか?
老人性色素斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策
老人性色素斑というシミの種類がありますが、これは一体どの様なシミの事を指すのでしょうか?またその疑いがある場合どうしたら良いのか解説しています。