花弁状色素斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策を教えて!

花弁状色素斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策を教えて!

 

 

花弁状色素斑は、「光線性花弁状色素斑」や「強烈日焼けじみ」とも呼ばれる、
強い日焼けが原因で肌が炎症を起こし、その後数か月で発症するものです。

 

 

名前の通り、花びらが散ったような形をしていることが特徴で、主に
肩や背中などに、数ミリ程度の細かいシミが点々と散らばるように現れます。

 

 

肩や背中に出やすい理由は、普段あまり紫外線を
受けない部分が特に影響や刺激を受けやすいためです。

 

 

同じ理由で、紫外線を普段あまり受けない方は、発症しやすいと言えます。

 

 

20代や30代の若い方に多く、特に色が白い方や、日焼けをすると赤く
なったり、ヒリヒリしたり、水ぶくれになったりしてしまう方は注意が必要です。

 

 

花弁状色素斑の原因と対策は?

 

 

花弁状色素斑の原因は強い紫外線なので、
UVケアをこまめに行うことで予防できます。

 

 

特に海や山など、紫外線を大量に浴びてしまう場所へ行くときには、
日焼け止めをこまめに塗る、日焼けをしてしまった後は冷却する、などの
UV対策をしっかり行うことが最も大切な予防方法です。

 

 

また、日焼け後の炎症があまりにひどい時は、病院へ行くようにしましょう。

 

 

このタイプのシミは、美白化粧水やビタミンCを含む
医薬品やサプリメントでも改善することがあります。

 

 

シミが定着してしまう前にこれらの対策を行うことで、セルフケアでも
十分に改善が可能ですので、早めのケアを心がけてみて下さい。

 

 

具体的な改善方法としては上記に挙げたSPFやPAの高い
紫外線対策のクリームなどで、対策を行う事が最も重要です。

 

 

しかしそれだけですべての紫外線を完全にカットするという事は難しいので、
加えてL-システインやアスコルビン酸を配合している医薬品を使用して、受けて
しまった紫外線のダメージを軽減する事も大切な事です。

 

 

特に、既に出来てしまっている花弁状色素斑に関しては、クリームで改善
するのは難しいですから、シミに対しての効果が認められているロスミンローヤルで
その予防と改善を行っていく事は、効果的だと言えるでしょう。

 

 

>>ロスミンローヤルの知っておきたい効果とデメリットは?


関連ページ

炎症性色素沈着ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策
シミの種類の一つである、炎症性色素沈着について、その原因や予防対策などについて説明しています。
肝斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策が知りたい!
肝斑というシミの名前を聞いた事があるかと思います。このシミの原因や対策を解説しています。
脂漏性角化症ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策
シミの種類の一つに脂漏性角化症というものがありますが、これは一体どの様な症状であり、改善は可能なのでしょうか?
雀卵斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策を解説!
雀卵斑というシミがありますが、他のシミと一体どういった違いがあり、その原因や予防・改善には何が有効なのかについて解説させて頂いています。
老人性色素斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策
老人性色素斑というシミの種類がありますが、これは一体どの様なシミの事を指すのでしょうか?またその疑いがある場合どうしたら良いのか解説しています。