炎症性色素沈着ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策 

炎症性色素沈着ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策

 

 

炎症性色素沈着は、ニキビ痕や汗疹、傷跡などが原因で肌が炎症を
起こし、その刺激でメラニン生成が促進され、シミになってしまうものです。

 

 

その他の原因として、虫刺され、火傷、湿疹、アトピー性皮膚炎などもあります。

 

 

炎症性皮膚炎に紫外線が当たるとさらに色が濃くなって
しまうため、UVケアをきちんと行っていくことが大切です。

 

また、敏感肌の方にとってはタオルやコットンの刺激も原因となる
ので、丁寧で優しいケアを心がけることも対策のひとつです。

 

 

洗顔やマッサージも同じように、優しく行うようにすると良いですね。

 

 

炎症性色素沈着の予防方法は

 

 

予防としては、ニキビができた時にしっかりアクネケアをすることや、
跡や火傷も正しい治療できれいに治すようにすることです。

 

 

ニキビができたからといってスッピンで過ごすことは厳禁です。

 

 

何かを塗ったりすると、治癒が遅れるという風に考えがちですが、
紫外線の刺激を受けやすい状態なので、ニキビ用ファンデーションや
肌に優しいパウダーなどを付けるようにしましょう。

 

 

普段から、肌に刺激を与える紫外線や乾燥の対策をすることも予防になります。

 

 

炎症性色素沈着は、時間が経つと自然に改善する場合も多いですが、
早くきれいに治すには、美白化粧水やピーリングによるケアが効果的です。

 

 

また、肌のターンオーバーを促すビタミンCを
積極的に摂取することも、改善策としておすすめです。

 

 

そうした点を考えても、ビタミンC(アスコルビン酸)を含んでいて、シミに
対しての効果が医薬品として認可を受けているロスミンローヤルなら、
炎症性色素沈着に対しての改善効果も大きく期待できると言えるでしょう。

 

 

>>ロスミンローヤルを購入する前に必ず知っておくべき口コミとは?

 


関連ページ

花弁状色素斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策を教えて!
シミの種類である、花弁状色素斑の原因やその予防対策について解説しています。
肝斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策が知りたい!
肝斑というシミの名前を聞いた事があるかと思います。このシミの原因や対策を解説しています。
脂漏性角化症ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策
シミの種類の一つに脂漏性角化症というものがありますが、これは一体どの様な症状であり、改善は可能なのでしょうか?
雀卵斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策を解説!
雀卵斑というシミがありますが、他のシミと一体どういった違いがあり、その原因や予防・改善には何が有効なのかについて解説させて頂いています。
老人性色素斑ってどんなシミ?その原因は?予防対策と改善策
老人性色素斑というシミの種類がありますが、これは一体どの様なシミの事を指すのでしょうか?またその疑いがある場合どうしたら良いのか解説しています。